精進ブログ!

素敵な女性、理想のママ、自分らしい自分になるためのブログです。主に、育児・仕事などの何気ない日常の中での学びや成長を書いていきます。他にも、美容や料理のお役立ち情報も発信していきます。共感、参考にしていただけると嬉しいです。

私が離婚しない理由。そこには悲しくも深いわけがある。

みなさん。どーも。

いきなりですが、結婚生活を送っている中で、離婚したい!と思うことはありませんか?

今の時代、離婚することは、そう珍しいことではないので、やむを得ず離婚という選択する人も多いでしょう。

 

しかし、私の場合は、結婚生活においてどんなことがあっても、離婚しない!と決めています。

それは、両親の離婚によって、私にとってとても悲しくて、辛い経験があるからです。

 

また、私の経験上、離婚によるダメージは、子供にとってかなり大きく、離婚にはデメリットしかないと思うからです。

そこで、今回は私が絶対に離婚しない理由について、記事にしたいと思います。

離婚しようか迷っている方

離婚したいと思ったことがある方

結婚している方

これから、結婚、再婚する方

には、ぜひ読んでいただきたいです。

 

 

私が絶対に離婚しない理由①両親の離婚によるダメージ

私の両親は、私が小学校2年生のときに、離婚しました。

理由は、お金?不倫?などあいまいな理由しか分かっていません。

離婚の本当の理由は、いまだに両親しか知らないのです。

 

そんな、 両親の離婚というのは、子供の私にとって、かなりのストレスになりました。

親の離婚による子供のダメージや本音については、過去記事に詳しく書いてますのでぜひ、こちらをご覧ください↓

www.syouzinblog.com

私にとって、親の離婚というのはかなり辛かったです。

もちろん、親にとっても、やむを得ない事情があってのことだと理解はしていましたが、その後の心のケアがなかったために、長い間その傷を背負うことになりました。

www.syouzinblog.com

 

 だから、絶対に自分の子供には、同じような思いをさせたくないんです。

両親が離婚した子供は、親になっても同じことを繰り返す、離婚は連鎖すると言いますが、私は絶対にしないと決めているのです。

 

私が絶対に離婚しない理由②私の結婚式での出来事

両親が離婚して、私は母親に引き取られ、母子家庭として生活してきました。

その間も、たまに父親に会ったり、父親方の祖父母たちとの交流もありました。

 

そして、私が入籍をし、結婚式をすることになった時、一生後悔するような、ある出来事が起きました。

それは、母親の結婚式欠席です。

 

もともと、結婚式をする時点で、両親が離婚していることもあり、父親家族は結婚式に呼ばない予定でした。

しかし、父親や祖父母たちが、結婚式に出たいと言い出したのです。

私も祝福してくれること自体嬉しく思ってたのですが、もちろん母親が優先なので、母親のことが気になりました。

しかし、母親は「呼んでもいい」と言ったのです。

しかし、それは父親だけの話で、その祖父母たちは呼ばないで欲しかったとのこと。

そんな母親の話に、父親は激怒。

「自分は出席できなくてもいいから、どうしても祖父母たちは、出席させてほしい」とまで、言い出したのです。

父親や父親方の祖父母たちが、私を祝福したいという気持ちを感じ、嬉しく思っていたのですが、母親のことを考えると、どうすれば良いのか分からなくなりました。

 

それから、いろーんなことがあって、、、、、

それはそれはいろんなことがありまして、、

最終的には、結婚式に母親が出席せず、父親と父方の祖父母たちは出席することになりました。

母親は、父方の祖父母たちに会うのが、かなり嫌だったようです。

もしかすると、遠慮したのかもしれません。

しかし、私からしたらそれでも、母親には一生に一度しかない結婚式に出席してほしかったですね(-_-;)

 

両親の離婚が結婚式にまで、影響するなんて本当に考えてなかったし、自分じゃどうすることもできない事態に、本当に苦しくて、悲しくて、最悪でした。。。。。

きっと、両親は私のこの気持ちを未だにわかっていないことでしょう。

思い出すだけでも、胸が痛くなります。

 

親のせいで、子供に苦労させたり、辛い思いをさせるというのは、絶対にしたくないら、私は離婚をしないと決めているのです!!

 

私が絶対に離婚しない理由③親の言葉や姿

両親の離婚により、母子家庭で育った私ですが、母子家庭で育つと自然と親に気を遣いすぎるようになります。

 

たとえば、子供のためにと、必死で働く親の姿を見ていると、まず、甘えたりすることできません。

「お母さんを守ってあげてね」とか「お母さんはあなたたちを女で一人で育てていて可哀そう」なんて周りの人から言われ、なんともいえない気持ちになります。

 

また、親を守らなければ、親に迷惑かけないように生きていかなければと、親の顔色をうかがいながら、必要以上に気を遣い、生活していました。

 

大人になった今でも、親を見ていると、「助けなきゃ」「守らなきゃ」「大丈夫かな」という気持ちになります。

 

おかげで、他の人に比べて自立心も芽生え、強く生きてこれたのですが、やはり親に甘えられなかったというのは、1番の心残りですね(^_^;)

だから、子供にはたくさん愛情を注いで、甘えさせてあげたいです。

過保護ではなく、子供にとって必要な愛情をきちんとあげられるようにしたいのです。

また、親の事情で子供に気を使わせたり、苦労をかけたくないと思っています。

 

そのため、私は、絶対に離婚しないと決めています!

 

 

私が絶対に離婚しない理由について、書きましたが、もちろん、例外はあります。

 

たとえば、DVや虐待など、子供にとって命の危険、身を守るためだったら、離婚を選択せざるを得ません。

しかし、気持ちのすれ違いや、金銭問題、不倫程度では、離婚をすることは、ないでしょう。

どんなことをしてでも、離婚の危機を乗り越えていきたいと思います。

 

ここまで、読んでいただきありがとうございます。