精進ブログ!~在宅ワークママの日常

育児、料理、美容、在宅ワーク、メルカリ、ディズニー英語、芸能ニュース、新型コロナというテーマ中心に幅広いジャンルで記事にしてます。カテゴリーから読みたい記事を選択して読んでいただけると嬉しいです。

コロナ禍でも楽しめるお盆の過ごし方~第二波を予測した行動を

f:id:kiraraoto:20200408024216j:plain

みなさん。どーも。

コロナの第二波が襲ってきている現在。

お盆の過ごし方も考えなければいけません。

当たり前のように、家族でお出かけや、都会から田舎への帰省は危険です!!

 

また、お盆はコロナ感染が広がることを予測した行動が必要になってきます。

コロナに感染しない、させないために、コロナ禍でも楽しめるお盆の過ごしをご紹介していきます。

 

 コロナ禍でも楽しめるお盆の過ごし方

2020年、今年のお盆は例年とは違い、コロナ感染に注意しなければいけません。

とはいっても、せっかくのお盆を楽しく過ごしたいですよね。

感染に注意すれば、コロナ禍のお盆だって楽しむことができます!

お墓参り

お盆と言えば、お墓参りですよね。

お墓参りは、人が少ない時間帯に短時間で済ませるようにすれば、コロナ感染のリスクが少ないでしょう。

 

ただし、お墓が遠い場合や県外にある場合は、お祈りを捧げるだけでも十分ご先祖様に気持ちは伝わります。

コロナ禍で、感染のリスクを抱えてまで県外や遠い場所にお墓参りをすることは、ご先祖様も望まないかもしれませんし、きっと分かってくださるはずです。

お盆団子つくり

お盆と言えば、お盆団子も定番ですよね。

地域によって、作り方や形、味などに違いもあります。

「お盆団子」という名の通り、お盆にしか作らないものです。

 

お家でつくることができるので、ぜひお盆団子をつくってお供えしたり、美味しく食べるのもおすすめです。

一人暮らしや、家にお仏壇が無い、お墓参りに行けない人でも、お盆団子を作ることで、ご先祖様の供養にもなるでしょう。

浴衣を着て写真撮影

2020年の今年は、コロナ禍で花火大会やお祭りも中止のところが多いです。

そのため、夏の定番である浴衣を着る機会もありません。

そこで、お盆に浴衣を着て写真撮影をして楽しむことをおすすめします。

昔は、お盆になると、浴衣を着るという風習もあったようなので、この機会に浴衣を着てみてはいかがですか?

一人でも、家族とでも、浴衣を着て写真を撮れば、それだけで楽しめますし、良い思い出にもなります(^^♪

お盆は特にコロナ感染の拡大を予測した行動を

2020年のお盆は、コロナ感染の拡大が予測されます。

国がいくら自粛と言っても、以前の緊急事態宣言時に比べると、気が緩んで自粛しない人が多いはずです。

都会や県外からの帰省やGOTOキャンペーンで旅行を考えている人も多いのではないでしょか。

そこで、お盆には、コロナに感染しないためにも、コロナの感染拡大を予測した行動が求められます。

買い物はお盆休みの前に済ませておく

コロナ第二波で自粛といっても、都会や県外から帰省してくる人はたくさんいるはずです。

普段は、人が少ない小さなスーパーであっても、都会や県外から帰省してきた人からの感染や、お盆の買出しで密になる可能性があり、人との接触は避けられないかもしれません。

 

そのため、お盆休みが始まる前に、ある程度買出しを済ませておきましょう。

少しでも、買い物などで人との接触を避けることが大切です。

外食ではなく、テイクアウトで

お盆くらい、家族で外食を!と考えている人は多いのではないでしょうか?

しかし、お盆こそ外食は避けるべきです。

都会や県外から帰省した人たちや、いつも以上に外食したいと思う人が多いため、飲食店も密になる可能性が高いです。

今でこそ、飲食店での感染が多いため、お盆はもっと感染が広がることが考えられます。

外食したい気持ちを少し我慢して、テイクアウトすることをおすすめします。

 

ぜひ、コロナ感染に注意しながら、楽しいお盆になりますように。

ここまで、読んでいただきありがとうございました。