精進ブログ!~在宅ワークママの日常

育児、料理、美容、在宅ワーク、メルカリ、ディズニー英語、芸能ニュース、新型コロナというテーマ中心に幅広いジャンルで記事にしてます。カテゴリーから読みたい記事を選択して読んでいただけると嬉しいです。

生きていくということ。

f:id:kiraraoto:20200409105621j:plain

みなさま。どーも。

まだまだ終わりの見えない新型コロナウイルスの感染、、そして自粛生活。

いったい、いつになれば終息するのか。

そして、完全になくなることはあるのか?

先の見えない将来に、ため息が出ます。

 

どうして、こんなことになってしまったのか。

そもそも、どうしてこんな時代を生きているのか?

新型コロナは、誰も悪くないからこそ、どこに怒りをぶつけたら良いのか分からず、

疑問だけが残ります。。

 

しかし、私たちはこの時代に生まれてきたからこそ、命をいただいたからこそ、精一杯努力して生きていかなければいけません。

苦しい、つらい、大変、、怒り、不安、恐れ、、

たくさんのマイナスな感情が頭や心を占領していても、今まで通り、いや今まで以上に強く生きていかなければいけないのです。

 

私の知り合いが、今刑務所暮らしをしています。

刑務所は、国民の税金で生活ができます。

もちろん、刑務所内でもそれぞれに仕事があたえられていますが、収入はそれほどなく、3食食べて、入浴して、寝ることができるのも税金のおかげだと言います。

お金に関する心配はほとんどしなくても良いのです。

というか、心配はしても、とりあえず刑務所内では生きていけるのです。

 

しかし、刑務所ではない私たちが生きる社会では、そういうわけにはいきません。

食料や生活用品の他にも、保険料や税金などの支払いがあり、たとえ贅沢をしなくてもただ生きているだけで、お金がかかるのです。

それが、この社会で生きていくということなのです。

だからこそ、強くいなきゃいけない。。

 

現在、26歳の私には、ありがたいことに、戦争というものの経験がありません。

また、地震や水害などの大きな災害に直面し、生活が一転したという経験もありません。

だからこそ、この新型コロナウイルスに直面し、生活が一転していることに対しての不安が大きくあります。

マイナスな感情ばかりが働いてしまいます。

 

しかし、今苦しいのは、辛いのは、外出を自粛しなければいけないことや新型コロナウイルスに感染するかもしれないという恐れ、子供を守らなければいけないプレッシャー、そしてこの先の不安などで、家に住めないとか、避難しなければいけないとか、食料不足とか、そういうことにはなっていません。

つまり、この状況にとどまっていることに感謝しなければいけないのかもしれません。

 

戦争や災害で大変な苦労をされていきた方たちはたくさんいるのだから、その人たちに申し訳ないとも思いました。

もちろん、この先、どんな困難が待ち受けているかは分かりません。

戦争や災害のように大変な思いをすることになるかもしれません。

しかし、そんな時でも強く生きていかなければいけないのだから、今、これくらいのことで下を向いていてはいけないなと。感じました。

 

気持ちを高めて、強くいること。

前向きにいること。

それこそが、生きていくということなのかなと思いました。

 

ここまで、読んでいただきありがとうございました。