精進ブログ!~在宅ワークママの日常

育児、料理、美容、在宅ワーク、メルカリ、ディズニー英語、芸能ニュース、新型コロナというテーマ中心に幅広いジャンルで記事にしてます。カテゴリーから読みたい記事を選択して読んでいただけると嬉しいです。

育児における母親の負担の大きさ。母親なんだから

みなさん。どーも。

最近、子供を放置して遊びに行く母親の事件が増えていて心が傷みます。

子供が可哀そうという気持ちと、母親の身勝手さに腹が立ちます。

しかし、育児における母親の負担の大きさも身に染みて感じます。

 

先日も、夫が休日で家にいる時に、子供の面倒を見てもらって一人でネットカフェで仕事をしてきました。

普段、私は在宅で子供に邪魔されながら仕事をしているので、誰にも邪魔されずに仕事にぼっとうできる環境は、それはそれは快適でした。

仕事の能率も1.6倍くらいに上がって、「あ~もう帰りたくない」と思いました。

結局私は、3時間で帰る予定だったのに延長に延長を重ねて、9時間くらいネットカフェで仕事をしていました。

夫には、子供の様子が気になるので、こまめにLINEでやりとりしたり時間を延長することをOKしてもらっていたのですが、たまたま遊びに行った実家で義母の

「時間を決めないと、もう少しもう少しって絶対長くなるんだから」

という一言で私の気分はガタ落ちしました。

 

私は別に遊びに行ったわけではありません。

自宅でできる仕事でも、集中するためにネットカフェという環境を利用して子供と離れて仕事をしてきただけです。

それなのに、そんな言われ方をするのは正直、義母が悪いというよりも

日本の育児における母親の負担の大きさを感じました。

 

夫だって安心して仕事ができるのは、自宅で私が子供の面倒を見ているからだと思うんです。

いくら私がフリーランスで在宅で仕事をしているからといっても、仕事は仕事です。

それならば、保育園に預ければ?という意見もあるかもしれません。

しかし、保育園の空きがないこと、年齢が1歳とまだ幼いこと、コロナ禍などで家族や身内に保育園に預けることは可哀そうだと否定される事。

そんな、全てを背負って私が在宅で育児、家事、仕事をしているんです。

 

何をしようにも母親なんだからという周囲からの言葉や目が私を襲ってきます。

「私だって仕事をしているんだから夫婦平等でしょ?」

これは本当にいつも思うことですが、まだまだ昔の名残なのかなんなのか分かりませんが、育児における母親の負担が大きいのを感じます。

 

ここまで、読んでいただきありがとうございました。