精進ブログ!

素敵な女性、理想のママ、自分らしい自分になるためのブログです。主に、育児・仕事などの何気ない日常の中での学びや成長を書いていきます。他にも、美容や料理のお役立ち情報も発信していきます。共感、参考にしていただけると嬉しいです。

コロナ離婚急増中?!絶対に離婚した方が良い場合とは?離婚選択の判断材料に

f:id:kiraraoto:20200520042050j:plain

みなさん。どーも。

コロナ禍でお家時間が増えているせいか、夫婦仲が悪くなりコロナ離婚が増えています。今、この記事を読んでいるあなたも、離婚をしようかどうか悩んでいるのではないでしょうか?

 

離婚というのは、明るいイメージではなく、どちらかというとマイナスなイメージに思われがちですが、実は離婚した方が良い場合もあります。

そこで、絶対に離婚した方が良い場合ついてご紹介していきます。

ぜひ、離婚選択の判断材料として、参考にしていただけると嬉しいです。

 

 虐待やDV

子供への虐待や、夫婦内でのDVなど、精神的身体的苦痛により苦しんでいる場合です。

こういった虐待やDVは、無くなることはありません。

エスカレートしていく一方です。

そして、最終的には命の危険にさらされることもあるのです。

すぐにでも離婚を決断して、自分や子供の身を守ることを考えてください。

金銭問題

夫婦のどちらかが、ギャンブル依存症やお酒、趣味など生活以外のことにお金を使いすぎてしまい、生活が成り立たない場合です。

生活がなりたたない=生きてけない 

ということにもつながります。

 

たとえ、借金や節約をして今はなんとかなっていても、必ず底をつきます。

その先は、目に見えています。

もし、金銭問題が解決する兆しがないのなら、すぐにでも離婚を決意するべきです。

 

さらに、子供がいる場合は、子供にまともに食べさせられないどころか、学校にも行かせてあげられないかもしれないのです。

 

まとめ

虐待やDV、金銭問題などの理由なら、離婚は仕方ないことであり、離婚した方が良いといえるでしょう。

実際に親の離婚を経験し、苦労した私でも、このような理由なら離婚するべきだと言えますし、自分自身も同じ状況になれば絶対に離婚します。

 

離婚と言うのは、そう簡単に決めて良いことではありませんが、命の危険がある場合はすぐにでも離婚の決断をおすすめします。

 

ここまで、読んでいただきありがとうございました。