精進ブログ!

素敵な女性、理想のママ、自分らしい自分になるためのブログです。主に、育児・仕事などの何気ない日常の中での学びや成長を書いていきます。他にも、美容や料理のお役立ち情報も発信していきます。共感、参考にしていただけると嬉しいです。

人生を思い通りになる、生きる方法。イメージによる不思議な体験。

f:id:kiraraoto:20200301043430j:plain

みなさん。どーも。

人生、どうして思い通りに行かないの?

私ってついてない?なんて、思っていませんか。

夢や目標があっても、「自分には無理」「この道で本当に大丈夫?」と思ったりして、自信をなくしてはいませんか?

 

ずばり、人生を自分の思い通りに生きることは、できます。

今回は、そんな人生を思い通りに生きる方法について、私の体験も含めご紹介していたいと思います。

 イメージが大切

人生を思いどおりに生きる上で、もっとも大切なのが、イメージ力です。

とにかくイメージするんです。

 

たとえば、「こうなりたいな」「この人に会いたいな」「こんな自分になりたいな」など、何でも構いません。

自分が人生を思い通りに生きるためなら、どんなことでもイメージすることが大切です。

というか、イメージが全てなのです。

 

イメージ?それだけ?と、思う方もいることでしょう。

しかし、この簡単なイメージという方法で、人生はいくらでも思い通りに変えることが可能なのです。

逆に言えば、イメージできていないと、失敗したり、思わぬハプニングが起きたりと、予測できない人生にもつながるのです。

 

不安や恐れなどの負の感情は捨てる

人生を思い通りに生きたいと思う人は、きっとほとんどの人が明るい未来を思い描くことでしょう。

自ら不幸になりたいなんて思いませんよね。

 

しかし、いくら明るい未来を思い描いていても、不安や恐れなどの負の感情があることで、マイナスな方向に向かってしまうこともあるんです。

「大丈夫かな?」「やっぱり、ダメかも」「間違っていたかも」「もうダメだ」などの、負の感情によって、かなり強いマイナスなエネルギーが働きます。

 

人は、プラスなエネルギーとマイナスなエネルギーがあると、ついマイナスなエネルギーに引き込まれがちです。

それだけ、人間は弱いということなのです。

深い話になると、霊的な力が働いているということも多いです。(今回は、省略します)

 

そのため、強い気持ちをもって、マイナスな感情に引き込まれないようにすることが大切なのです。

簡単に言いましたが、結構難しいことですよね。

人は、落ち込んだりすると、強さをなくしてしまいます。

 

そこで、最初から不安や恐れなどの負の感情は、抱かないようにしましょう。

負の感情が発生したら、すぐに捨てるんです。

持っても良いのは、明るいイメージと、前向きな感情なのです。

 

自分を信じる

最後は、やはり自分を信じることに限ります。

自分が自分を信じていなければ、人生を思い通りに生きることはできません。

とにかく、自分の決意、自分の考え、全てを信じて突き進むのです。

 

ちなみに、以前の私は自分に自信がなく、自分を信じれない人間の代表でした。

そんな自分も今では、自分を信じて思い通りの人生を歩んでいます。

過去記事にもありますので、気になる方はぜひ、チェックしてみてください↓

 

www.syouzinblog.com

 

 

イメージによる不思議な体験

実際に、イメージがどれだけの力を発揮するのかということを私の不思議な体験に基づいて、ご紹介していきたいと思います。

本当の話です。

 

イメージが足りなかった失敗談

中学生の時の話です。

私は、体育祭で障害物競争にでることになりました、

運動音痴な私が、障害物競走なんて不安で仕方ありませんでした。

 

しかし、やるからには、1位を取ってやる!!と心に決め、とにかくイメージしました。

そのときに、イメージしたのは、自分が1位になるところではありませんでした。

私がイメージしたのはこちらです↓

 

  • スタートして、全速力で走った後、一つ目の障害物である網の中をくぐる。
  • そのあと、ハードルを3つ乗り越える。
  • そして、一番の山場である平均台をクリアする。

この三つを強く強くイメージしました。

しかし、平均台を乗り越えた先のゴールまでの道のりについては、いっさいイメージしていませんでした。

なぜならば、あとは障害物もなく、ゴールまで走るだけだから、簡単だと思っていたからです。

 

実際に、障害物競争での私は、イメージした部分については、なんなく乗り越えることが出来ました。

練習では、全然ダメダメだった私が、平均台を乗り越えるまでは、まさかの1位通過だったのです。

自分でも信じられませんでした。

 

しかし、平均台からゴールまでの道のりは、ボロボロでした。

ただの障害物も何もない道を走るだけなのに、イメージしていなかったせいで、足が思うよに動かず、何度もこけまくってしまし、結果は、4位だったのです。

 

まさに、イメージ力の大切さが顕著に表れている不思議なエピソードです。

その日を境に、中途半端なイメージをすることはやめました。

イメージするなら、最後までしっかりイメージするように気を付けています。

やはり、イメージすることには、かなり大きな力が働いていることが分かります。

 

イメージが招いた奇跡

中学校の時、私は吹奏楽部でした。

高校に入っても、吹奏楽部を続けたいと思っていた私には、進学を希望していた高校がありました。

この高校で吹奏楽をしたい!というよりは、この先生に教えてもらいたい。この先生のもとで、学びたい!と思っていました。

 

しかし、私の学力では、とうてい叶わない高校だったので、私は行きたかった高校への進学を諦めました。

 

しかし、密かに私は、イメージしていたことがあります。

それは、もともと行きたかった高校の吹奏楽部の先生が、私が進学する予定の高校へ異動になったりしないかな?ということです。

 

実は、私が中学校に入学した時、同時に他中学校から吹奏楽部の有名な先生が異動してきました。

その先生が異動してきたことをきっかけに、吹奏楽部が発足したのです。

なので、私は中学校で吹奏楽部員、第1期生でした。

 

そんな感じで、私が進学する予定の高校にも、奇跡的に先生が異動してきたりしないかな?なんて勝手に思っていました。

そして、勝手にそのときのことをイメージしていたのです。

 

すると、嘘のような出来事が起こりました。

 

高校の入学式当日、母と一緒に校門をくぐると、なんと、私が進学を諦めた高校の吹奏楽部の先生が、いるのです!!!

私は、何かの間違いかと思いました。

そっくりさん?とも思いました。

 

しかし、確かに、その先生は、私が進学を諦めていた高校の先生だったのです。

私の入学と同時に、異動してきたのでした。

そして、その先生のもとで、吹奏楽を学ぶことができたのです。

 

本当に驚くべき事実です。奇跡でした。

イメージ力って、奇跡のような出来事も起こしてくれるんだと思いました。

読者のみなさんの中には、信じられないと思うかたもいるかもしれませんが、これは実話です。実体験です。

 

本当に不思議な体験でした。

 

最後に

私には、他にもたくさんのイメージによる不思議な体験があります。

嘘?と思うような出来事が、たくさん起こってきたのです。

それもすべて、イメージのおかげです。

 

人生を思い通りに生きる方法には、イメージ力が一番大切なのです。

騙されたと思って、ぜひ試してみてください。

そして、イメージ力のすごさを実感した方は、ぜひ、イメージ力で人生を思い通りに生きて欲しいです。

 

ここまで、読んでいただきありがとうございました。