精進ブログ!

素敵な女性、理想のママ、自分らしい自分になるためのブログです。主に、育児・仕事などの何気ない日常の中での学びや成長を書いていきます。他にも、美容や料理のお役立ち情報も発信していきます。共感、参考にしていただけると嬉しいです。

「新型コロナウイルスに感染しました」知り合いからの連絡に怒り

f:id:kiraraoto:20200405131508j:plain

みなさん。どーも。

今朝、知り合いからの突然の連絡。

「私、新型コロナウイルスに感染しました」

 

えっ???と、驚いた数秒後、「嘘だよ」って。

マジか(-_-;)そして、怒りが込み上げてきた私。

この、ご時世、そんな嘘や冗談はやめて欲しいし、無神経だと思う。

ただでさえ、みんな新型コロナウイルスに感染しないように、させないようにとピリピリしていて、常に緊張感と不安に襲われているというのに。

本当にデリカシーのない軽はずみな行動だと思った。

そういう人たちが、新型コロナウイルスの感染を甘く考えて、広めてしまうのだ。

 

いつもは、ですます調でブログを書いている私も、つい、である調になってしまっている。

きっと、怒りの表れだと思う。

 

新型コロナウイルスに感染するか、しないか、させないように、しないように、、、

手洗いうがい、人込みを避けるなどのできることは、徹底しているがそれでも限界はある。

自分と子供は家にひきこもっていても、仕事に行っている旦那が菌を持ち帰って感染する可能性もあるのだ。

消毒を徹底したいけど、必要な消毒液も売っていない。

マスクだって、使いまわしている状態。

十分な環境も整っていない中での、感染予防には限界があるのだ。

 

そして、日に日に増えていく感染者、死亡者。

ただただ恐れている毎日。

自分や身の回りの人たちが感染するのも、時間の問題。

感染する順番をまっているかのような気がしてならないのだ。

 

家の中にひきこもっていなければいけないストレスもあるが、それ以上に感染しないかどうかへの不安や恐れで、いっぱいになっているのだ。

さらには、こうした状況の中でも生きていかなければいけない。

子供という守るべきものもいる。

そうしたプレッシャーがものすごいのだ。

 

スーパーに、必要な食材や生活に必要なものを買いに行く際も、かなりの不安に襲われる。

みんながコロナウイルスの保菌者かもしれないという疑いの目を持ち、自分は感染しないようにと、まるで戦場に向かっているようだ。

目に見えない敵ほど怖いものはないからだ。

 

恐れるにも、恐れ方、逃げ方がわからないのだ。

そして、政府も国民の不安を解消するような手段をとってはくれない。

誰が最後まで生き残れるか、サバイバルゲームをしているかのようだ。

 

感染への不安、金銭面での不安、仕事面の不安、食料など生きていく上での不安、、、子供や家族の心配。。

こんな緊張感がいつまで続くのだろうか。

緊張感が継続することで、交感神経がずっと優位になると人の免疫力は下がるとも言われている。

 

最初の話に戻るが、こんな張り詰めた状況の中で「新型コロナウイルスに感染しました」という冗談で嘘の発言はあまりにも酷すぎるのではないかと思うのだ。

だから、私はそんな知り合いに怒っている。

ぜひ、知り合いにもこの記事を読んで欲しいと思った。

 

ここまで、読んでいただきありがとうございました。