精進ブログ!

素敵な女性、理想のママ、自分らしい自分になるためのブログです。主に、育児・仕事などの何気ない日常の中での学びや成長を書いていきます。他にも、美容や料理のお役立ち情報も発信していきます。共感、参考にしていただけると嬉しいです。

新型コロナだけじゃない!!我が家を襲ったウイルス

f:id:kiraraoto:20200316105412j:plain

みなさん。どーも。

毎日のように新型コロナによる感染が報道されています。

そのため、私たちは新型コロナばかりに注意や意識が向いてしまっています。

しかし、その他にも気を付けなければいけないウイルスはあるんですよね(-_-;)

 

実は、一昨日からあるウイルスで我が家は全滅しております。

それは、ノロウイルスです。

正確に言うと、ウイルス性胃腸炎ですね。

 

とにかく、きつくて、何もできない食べられない、飲めない状態が続き、やっと今こうしてブログを書くことができています。

そこで、今回は我が家を襲ったウイルスについての症状や原因、対処法などについて記事にしていきたいと思います。

ぜひ、参考にしていただけたら嬉しいです。

 

ノロウイルスの症状

主な症状は、嘔吐と下痢で、他にも発熱や倦怠感など人によって様々です。

我が家でも、異なる症状に、まさかみんな同じノロウイルスとは、思いませんでした。

旦那、私、子供(1歳)に分けて、その症状について詳しく書いていきたいと思います。

 始まりは、旦那の下痢

仕事から22:00くらいに帰宅し、入浴後、夕食を食べた旦那。

その後、まもなく下痢が始まり、翌朝まで続きました。

回数にすると、約10回ほど。

腹痛と下痢で夜は眠れなかったようです。

 

翌朝、下痢がおさまったあとも、腹痛や37.5℃台の発熱が続きました。

この時期だから、37.5℃というとコロナを疑いましたが、、、、

その日の夜から夜勤だった旦那は、会社からもコロナを疑われ休むように言われました。

その後は、下痢も熱も少しずつおさまっていきました。

次に自分の嘔吐

旦那の症状が回復した途端に、私に症状がでました。

夜21:00頃から胃がムカムカするような感じが続き、その後突然の嘔吐が始まりました。

回数は5回~6回ほどで、大量に嘔吐しました。

 

胃が空っぽになるまで続いたので、最後は胃液がひたすらでました。

また、途中で水分補給したため、飲んだ水分も全て吐いてしまいました。

その状態は、翌朝まで続きましたが、食べない、飲まないことで少しずつ嘔吐は治まりました。

しかし、38℃台の発熱が続いており、その日の夕方には39.0台まで上がり、悪寒と全身の筋肉痛で、横になっているのも辛かったです。

「もしかして、インフルエンザ?」と疑うほど、インフルエンザのような症状とも似ていました。

まだ、授乳をしているので、安易に薬を飲むこともできず、ただひたすらたえることしかできませんでした。

最後に子供の嘔吐

 私の熱がピークに達したころ、子供の嘔吐が始まりました。

夕食後の出来事で、食べたものを全て嘔吐しました。

発熱はありませんでしたが、これは家族内で確実にウイルスに感染していると思い、すぐに救急病院に向かいました。

救急病院へ

子供に症状が出たことをきっかけに、家族3人で救急病院へ。

受付に行くと、まず家族3人とも受診することに、少し「コロナ?」と思われているような気がしました。

しかし、症状を話すと、コロナである可能性はないことから、安心したような様子でしたね。

 

そして、診断結果はウイルス性の胃腸炎でした。

家族で、旦那は下痢と発熱、私は嘔吐と高熱、子供は嘔吐と、症状はバラバラでしたが、ウイルス性胃腸炎症状は人によって違うのだとか。

しかし、ウイルス性のため、確実にうつっているとのことでした。

 

旦那と私は、整腸剤とカロナールを子供は、吐き気止めの座薬を処方してもらいました。

ノロウイルスには、インフルエンザのような効果的な薬はないようです。

そして、授乳をしている私は、食事も水分も取れないからと、点滴もしてもらいました。(子供が待っていたので、30分程度)

その後の症状

帰宅途中の車の中でも、子供は何度も嘔吐していました。

帰宅して、すぐに吐き気止めの座薬を挿入し、着替えなどをしてすぐに、寝かしつけました。

その際、脱水が心配だったので、少量の水分をあげましたが、あまり欲しがらなかったので、そのまま寝せました。

お医者さんも、一晩飲ませなくても大丈夫と言っていました。

 

その時に飲ませたのは、経口補水液OS1(オーエスワン)です。

このOS1の存在は知っていましたが、飲むのは初めてでした。

かなり多くの電解質が含まれているため、少量の摂取でも効果的に体内に水分を補給できるものだそうです。

 

子供も飲めるので、家族3人ともこのOS1を勧められました。

ちなみに、このOS1は、感染性腸炎感冒による下痢・嘔吐(おうと)・発熱を伴う脱水状態、高齢者の食事量不足による脱水状態、過度の発汗による脱水状態などに適しているそうです。

まさに、水分補給が必要でも、水分でさえ嘔吐してしまうような私たちには、適していました。

 

逆に、旦那の下痢という症状には、OS1で多くの水分補給をし、少しでも多くのウイルスを体内に出してしまうようお医者さんに言われました。

人は、食事ができなくても、水分を取っておけば大丈夫と言われるので、このOS1は、今後も何かあった時のために、常備しておくべきだと感じましたね。

 夜間は、3人とも嘔吐も下痢もなく、落ち着いて朝を迎えました。

私と旦那は、寝る前にカロナールを飲んだおかげで、熱も下がっていました。

その日は、朝も昼も食べずに、水分や飲むゼリーを飲んで過ごしました。

空腹な子供は、いつもより母乳を欲しがるので、一日中母乳を飲ませていました。

 

夜ご飯は、おかゆとバナナを食べさせました。

私たちは、インスタントラーメンを食べました。(脂っこいのはあまりよくないのですが)

何が原因だったのか?

結局、我が家を襲ったウイルスを持ち込んだのは、旦那でした。

きっと、職場から何らかの原因でウイルスが体内に入ったのでしょう。

旦那の会社では、ウイルス性胃腸炎は流行っていませんでしたが、症状が無くてもウイルスを持っていて、排出している人はたくさんいるのだとか。

その日、つかれていた旦那に症状が出たのだと思われます。

 

抵抗力がなかったり、疲れて体が弱っていたりすると、ウイルスに負けて発症してしまうようです。

まるで、新型コロナウイスと同じですね。

そして、旦那よりも免疫がない私や子供にまで、うつってしまったというわけです

ノロウイルスの感染予防法

ノロウイルスは、主に人から排出されたウイルスの混じった便や、唾液などに接触し、体内にウイルスが入ってしまうことで、感染してしまいます。

そのため、やはり基本のこまめな手洗いが大事です。

あとは、清潔な環境を心がけることですね。

不衛生な食べ物などからも感染してしまいます。

 

我が家では、子供がいるのでノンアルコールの除菌スプレーJOAN(ジョアン)を使用しています。

ノンアルコールですが、99.9%の除菌と24時間の抗菌効果があるので、すごく助かってます。

食卓やキッチンはもちろんのこと、ノンアルコールなので子供のおもちゃやベビーチェアやプレイマットなどにも使用できます。

 

最近は、新型コロナの影響で、アルコールの除菌スプレーは売り切れているので、このJOAN(ジョアン)は、おススメです!!!

ウイルスで一家全滅で思ったこと

 今回のウイルス騒動で、改めてウイルスの怖さを知りました。

目に見えないものほど、確実に逃げることはできない怖さがありますね。

 

新型コロナ新型コロナで騒いでいる世の中ですが、その他にも怖いウイルスはでまわっているということを知らされた気がしましたね(-_-;)

さらに、自分一人だけだとまだ良いのですが、体調が悪く動けない上に、育児をするのはもっと大変でした。

 今後は、手洗い、除菌でウイルスの侵入を防ぐことに加え、 ウイルスに負けない体づくりもしたいですね。

 

さらに、今回のウイルス騒動で、仕事の大切さも感じました。

旦那は、出勤停止になってしまったのですが、自分の体調が戻れば仕事に行くことができます。

しかし、私の場合、普通なら自分の体調に加え、子供の体調次第で、仕事を休まなくてなりません。

それが、子供を保育園に預けずに、育児をしながら在宅ワークをしているおかげで、その心配がないのです。

これは、かなり助かります。

仕事に行けないというのは、ある意味死活問題ですからね(-_-;)

 

その点、育児しながら在宅ワークという道を選んでよかったと思っています。

改めて、この道を選んだことに誇りを持って頑張っていく決意をすることができました。

www.syouzinblog.com

 

みなさんも、新型コロナだけではなく、他のウイルスや体調に気を付けて過ごしてくださいね。

ここまで、読んでいただきありがとうございました。