精進ブログ!

素敵な女性、理想のママ、自分らしい自分になるためのブログです。主に、育児・仕事などの何気ない日常の中での学びや成長を書いていきます。他にも、美容や料理のお役立ち情報も発信していきます。共感、参考にしていただけると嬉しいです。

ソーシャルディスタンス(社会的距離)を保てない!リスクを背負って今日も旦那は仕事へ行く。

どーも。みなさま。

 

 新型コロナの影響で、ソーシャルディスタンス(社会的距離)を保つことが推進されています。

それは、人との接触や飛沫によって新型コロナの感染を防ぐためです。

 

しかし、そんなソーシャルディスタンスが保てない職業もあります。

私の旦那は介護福祉士として、施設に勤務していますが、介護という仕事柄、体を密着しなければいけない場面がほとんどです。

シーシャルディスタンス?なんて、とてもじゃないけど保てません。

また、新型コロナの感染において、もっとも危険と言われている3密になりやすい環境の中で働いています。

 

ソーシャルディスタンスを保つとか、3密を避ける、在宅勤務にする、人員を7割削減する、、、などなど国からの様々な要請がある中、介護という職業はそれができません。

高齢者を自宅に連れて帰って仕事をするわけにもいきませんし、ただでさえ人員が足りない仕事で、これ以上人を減らすこともできません。

そのため、旦那はいつ感染してもおかしくないというリスクを背負いながら毎日、仕事に行っているのです。

 

きっと、他にもたくさんの方が、同じようにリスクを背負って仕事にいっていることでしょう。

私は、そんなリスクを背負っている働いている人たちのために、せめて、防護服などの配布を行ってほしいです。

私や子供がどんなに外出を自粛して、自宅にひきこもって過ごしていたとしても、旦那に感染してしまっては、意味がありません。

 

また、同じく介護施設で働く友人は、施設で感染者が出たら、施設から出られなくなる、施設で衣食住をしなければいけないと言われているそうです。

www.syouzinblog.com

 

ソーシャルディスタンスを保てない職業の方には、接触することを前提として、感染を防ぐために必要な防護服などの配布をどうか一刻でも早くお願いします。

マスク2枚ではなく、そういうところにも税金を使ってほしい。。

 

ここまで、読んでいただきありがとうございました。