精進ブログ!

素敵な女性、理想のママ、自分らしい自分になるためのブログです。主に、育児・仕事などの何気ない日常の中での学びや成長を書いていきます。他にも、美容や料理のお役立ち情報も発信していきます。共感、参考にしていただけると嬉しいです。

62歳の元気な義母が、慌てて終活をしている理由

f:id:kiraraoto:20191206022750j:plain

どーも!みなさん!

最近、流行りの終活をご存知ですか?

私の義理の母は、毎日一生懸命に終活をしています。

それも、慌てるようにして、バタバタバタバタと。

 

そこで一つ疑問がわきました。

62歳の元気な義母が、なぜそんなに必死に終活をしているのか?ということです。

だって、62歳なんてまだまだ若い方だし、慌てる必要はありません。

 

今回は、そんな慌てて終活をする62歳の元気な義母について、終活の真相を書いていきます。

終活とは?

そもそも終活というのは、簡単に言うと「亡くなる前の準備」です。

終活という名前の通り、終わる活動という意味合いがあります。

終活の内容には、、

などがあります。

62歳の元気な義母が慌てて終活をしている理由

私の義母がしている終活の内容は、「部屋の片づけ、整理」が主です。

不用品を捨てたり、人にあげたりしています。

ただ、部屋の片づけをしていると思われるかもしれませんが、本人が「終活終活」と言って、バタバタしています。

もしかしたら、嫁の私には分からないところで、遺言書を書いたり、エンディングノートを作ったりしているかもしれません。

 

でも、なぜ慌てているの?

人生は、まだまだあるじゃんって、思います。

元気な義母が慌てて終活をするのには、二つの理由が考えられます。

義父の死

7年前に義父が亡くなりました。

68歳という若さでした。

病死でした。

もしかしたら義母は、早くに逝ってしまった義父を見て、人生を焦っているのでしょうか。

 

私の旦那は、そう話していました。

また、義父の兄弟は、みんな若くして亡くなっていることから、人生の短さを感じ、残り少ない時間を大切にしているのでしょうか。

現代は、人生100年時代。

そんなに、焦らなくてもと思いますが、こればっかりは分からないものです。

義母の優しさ

義母は、終活をする際、いつも言っていることがあります。

「死んだら、あなたたちに迷惑をかけたくないから」

「捨てられるものは、今のうちに捨てておかないと、あとから大変でしょ」

そう、言われても、義母が亡くなった後のことなんて、想像できないし納得できません。

それでも、義母は一所懸命、そういいながら、終活をしているのです。

 

これは、単なる義母の優しさなのでしょうか?

それだったら、良いのですが。

なんだか、慌てて終活をしている義母を見ると、不安になります。

もしかして、

内緒で大きな病気を抱えているのかな?

死のうとしているのかな?

 

元気な義母に限って、そのようなことはないでしょうが、心配です。

これを私の旦那に話すと、笑います。

私の、考えすぎなのでしょうか。

今度、義母に終活の真相を直接、聞いてみようかと思います。

そしたら、またブログにアップしますね。

 

ここまで、読んでいただきありがとうございました。