精進ブログ!~在宅ワークママの日常

育児、料理、美容、在宅ワーク、メルカリ、ディズニー英語、芸能ニュース、新型コロナというテーマ中心に幅広いジャンルで記事にしてます。カテゴリーから読みたい記事を選択して読んでいただけると嬉しいです。

いつも、先生ばかり好きになる。恋愛対象が先生の原因、心理はコレ。

f:id:kiraraoto:20200221053411j:plain

みなさん!どーも。

私は、小学生の頃から、恋愛対象がいつも先生でした。

いつも、先生ばかりを好きになってしまうんです。

「自分は、おかしい?」「どうして、先生ばかり?」と悩んだこともあります。

大人になった今、そんな恋愛対象の原因が分かりました。

 

今回は、いつも先生ばかりを好きになる、私の恋愛対象が先生の原因について、記事にしていきたいと思います。

  • この内容に興味がある方
  • 先生ばかりを好きになってしまって悩んでいる人
  • どうして生徒に好かれてしまうのか、その心理を知りたい先生

に、ぜひ読んでいただきたいです。

 

先生を好きになる原因

私は、小学4年生の頃から、高校卒業までの間、常に先生を恋愛対象として見ていました。

たくさんの先生を好きになってきました。

それも、LIKEではなくLOVEの方です。

その中には、いろんな先生がいましたが、平均すると年齢は40歳以上の先生ばかりでした。

そんな、私のことを友達は、笑うんです。

お父さんみたいな、おじさんみたいな人のどこが良いのかって、馬鹿にします。

それでも、私は自信もって先生のことが好きだって言っていたのを覚えています。

 

高校卒業してからは、彼氏ができたので、それ以降先生を好きになるということは、なくなりました。

しかし、やはり今でも、年上の男性、ダンディで先生のような人には、少し惹かれます。

 

大人になって、どうして自分が先生ばかりを好きになってしまっていたのかを考えてみました。

すると、その原因が分かったのです。

ズバリ、私が先生のことばかりを好きなってしまう、恋愛対象として見てしまう原因は、親の離婚です。

 

親の離婚が子供である私の恋愛対象にまで影響するなんて考えられませんよね?

でも、本当なんです。

きっと、私みたいな人は多いとはずです。

これまで、親の離婚について、いろんな記事を書いてきましたが、親の離婚というのは子供にとって、いろんな影響を及ぼすものなのです。

ちなみに、過去記事はこちらです↓気になる方は、ぜひ読んでみてください↓

 

www.syouzinblog.com

www.syouzinblog.com

 では、そんな親の離婚が原因で恋愛対象が先生になってしまった私ことについて具体的に書いていきたいと思います。

 

①父親みたいな存在を求める

私の場合は、親の離婚後は母親に引き取られました。

そのため、父親という存在がいませんでした。

祖父はいましたが、祖父が父親の存在にはなれません。

もちろん、母親だって父親のかわりなんてできないんです。

 

そのため、私は無意識に父親みたいな存在を求めていました。

父親=年齢がかなり上の男性、ということになります。

年齢が上の男性で、いつも身近にいる存在といえば、いつも先生でした。

簡単に言えば、先生をお父さんのような存在として、求めていたということです。

それが、自分の中では恋愛対象になっていたのかもしれません。

②守ってほしい

母子家庭だと、子供は母親に守ってもらえるなんて感覚は、全くありません。

むしろ、弱弱しい母親を助けなければ、守らなければという考えの方が先に働きます。

そのため、そんな自分を誰かに守ってほしいと思うのです。

同級生や年齢の近い男子に守ってもらうなんて感覚もないので、やはり私の場合は先生でした。

 

「年上の男性の先生の大きな体と心で、守ってほしい。」

そんな気持ちでした。

 

③甘えたい

私の過去記事を読んでいただけると分かるのですが、親が離婚した子供は、親に甘えることができません。

というか、親に甘えることを許されません。

だから、自立心が芽生えて、すごくたくましくなるんですよね。

でも、その反面、甘えたいっていう感情がどんどん溜まっていくんです。

 

そして、甘えらえないことで、心にぽっかり穴が開いたような気持になります。

そんな穴を埋められるのは、誰かに甘えることです。

もちろん、先生に甘えてみたい。相談したい。みたいな感じです。

④愛情不足

親が離婚して、片親で育つと、どうしても愛情が半分になってしまいます。

愛情不足になってしまうんです。

そんなとき、学校で親身になって自分のことを考えてくれる先生に出会うと、先生からの愛情をがすごく身に染みるんですよね。

 

先生は、生徒の一人として当たり前のことをしていても、私にとってはその愛情がとてもとても嬉しくて、先生に恋愛感情が芽生えてしまうというわけです。

最後に

結局、私の場合は、恋愛対象?というより、

父親のような存在

甘え

愛情

などの、いろんなものを求めていただけだったのかもしれません。

でも、当時の私は先生のことを本気で好きでした。恋愛対象として見ていました。

 

親の離婚って、こんなところにまで影響するんですね。

今では、結婚もして子供もいるので、年上男性に惹かれるということはありません。

しかし、私の好きな芸能人や歌手は、全て、お父さんやそれ以上の年齢の男性ばかりなんですよね。。

もう、ここまで来たらやばいですよね笑かなり影響してます(笑)

ただの、おじさん好きなら、良いんですけど、きっと違います。

 

私がこの記事で伝えたかったのは、先生ばかりを好きになるのは、親の離婚が影響しているということです。

もし、親が離婚していなくても、同じようなことを求めているのではないかということです。

 

例外も、もちろんあるので、あくまでも参考にしていただけると嬉しいです。

まあ、今の時代恋愛に年齢は関係ないと言います。
あまり、気にしなくても良いのかもしれません。

 

ここまで、読んでいただきありがとうございました。