精進ブログ!

素敵な女性、理想のママ、自分らしい自分になるためのブログです。主に、育児・仕事などの何気ない日常の中での学びや成長を書いていきます。他にも、美容や料理のお役立ち情報も発信していきます。共感、参考にしていただけると嬉しいです。

41w4d。初産予定日遅れる?出産レポ。陣痛が遠のく、我が子の産まれた話。

 

f:id:kiraraoto:20200221033028j:plain

みなさん。どーも。

子供を出産して、1年が経ちます。

そこで、今回は私の初産の出産レポを記事にしていきたいと思います。

ちなみに、私は予定日を11日も超過して、出産しました。

予定日あたりから出産にかけて、不安とプレッシャーの毎日でした💦

  • 同じように出産を目前に、不安を抱えている方
  • 予定日超過して、本当に産まれてくるの?と不安になっている方
  • 「まだ、産まれないの?」と周りからの声をプレッシャーに感じている方の少しでも参考になればいいなと思います。

ぜひ、最後までご覧ください。

 

出産予定日

予定日になっても、何も変化はありませんでした。

ただ、体の反応が敏感になっているせいか、「あれ?これが陣痛のはじまり?」とか、「今日は、いつもよりお腹が張ってる?」とか、いつも以上に意識していたのを覚えています。

でも、結局何事もありませんでした。

正直、お腹も大きくてきつかったし、寝るのもしんどかったし、何よりも早く赤ちゃんに会いたかったから、「早く陣痛きてー」と、必死に願いました。

 

出産予定日超過

出産予定日を1日、2日、3日と過ぎていっても、全く産まれそうになくて、不安でいっぱいの毎日を送っていました。

産婦人科の先生は、結構のんきな人で、自然に陣痛が来るのを待つっていうスタイルの人でした。

それがまた不安になって。

 

友達からは、出産予定日を7日過ぎたらバルーンを入れたとか、促進剤を打ったとかいう話をきくのに、完全放置状態で、本当に本当に不安でした。

 

ネットであれこれ調べていると、予定日を超過しすぎると赤ちゃんに栄養が行かなくなり、赤ちゃんが死んでしまうとか書いてあるし(-_-;)

予定日超過しても2週間が限界だとか。。怖すぎです。

だからといって、促進剤を打ってくれるわけでも、バルーンをいれてくれるわけでもありませんでした。

 

さらに、周りからの「まだ産まれないの?」「もう、産まれた?」などの心配する声も、プレッシャーになってしまって。

ふさぎこんでしまっていた時もありました。

 

「赤ちゃんのタイミングで産まれてきていいよ」って言葉では言えても、心の中では「そろそろ産まれて欲しいな。早く出てきてー」って思ったりしてました。

 

出産予定から10日超過

AM4:00 トイレに行くとおしるしあり。

便意があって、力を入れていたら、なんか生理の時に出血するような感覚に似ていました。

ティッシュで拭き取ると、鮮血が少量。

便器の中にも、ポタポタと落ちていました。

 

AM6:00 陣痛が始まる

おしるしがあった後から、そろそろ陣痛が来るかな?と思い、興奮して眠れませんでした。

そして、AM6:00からついに、陣痛が始まりました。

最初は、「ん?これが陣痛かな?」というような感じで、まだまだ耐えられる痛さ。

でも、陣痛アプリで時間を図っていると、15分~20分間隔で、30秒~1分の持続する痛みがきていたので、なんとなく陣痛だと思えました。

 

AM9:00 陣痛が10分を切る

まだまだ耐えられる痛みでした。

入院したら、しばらく帰ってこれないから、簡単に部屋の片づけや食器の片付けをしていました。

しかし、同じような感覚がしばらく続きました。

 

PM2:00 陣痛が遠のく

さっきまで、だいたい規則的にきていた陣痛が、だんだん感覚が伸びていきました。

それまで、ずっと気を張っていたせいもあり、なんだか眠くなって、寝ることにしました。

その間、陣痛もほとんどなくなりました。

 

PM9:00 陣痛再開

陣痛の始まりと同じような感じで、陣痛が再開しました。

10分~15分おきに我慢できる痛みがありました。

とにかく、10分を切るまでは、と思い必死に耐えていました。

 

AM6:00 陣痛の間隔が5分をきる

一晩中、寝ずに陣痛に耐え続け、ついに5分をきりました。

急に3分とか4分という感覚になり、焦って病院に行く準備をしました。

病院にも電話をして、家から10分のところにある産婦人科へ向かいました。

旦那さんは、仕事でしたが職場の配慮でお休みを下さり、病院に付き添ってもらいまいした。

 

AM6:30 子宮口6cm

病院につくと、先生がすぐに診察をしてくれて、子宮口が6cm開いていることが分かりました。

先生は、「頑張りましょうね」と言ってくれて、なんだか嬉しくなり元気になったのを覚えています。

 

看護師さんからは、「ここからまだまだ時間がかかりますよ」と言われ、少し気が重くなりましたが、今日中には産まれるんだと思うと、頑張れました。

 

AM8:00 陣痛が遠のく

またまた、陣痛が遠のきました。

それまでは、陣痛の間隔が3分とか4分だったのに、7分~10分まで、どんどん遠のいていくんです。

さすがに、「またか~(-_-;)」とショックでした。

看護師さんも、「本当に陣痛きてたの?」なんて、私が嘘をついていたみたいに言うんです。

陣痛って、本当に不思議ですよね。

 

AM11:00 子宮口9cm

陣痛が再開し、一気に一分間隔にまでやってきました。

そこで、激しすぎる痛みに私は、吐きました。

人は痛みを感じすぎると吐くらしいです。

 

それがきっけで、服を着替えて、そのまま陣痛室へ直行。(それまでは普通の部屋)

看護師さんの診察で子宮口が9cmまで開いていました。

そこから、ただひたすら陣痛陣痛陣痛。。。

私には、陣痛の間隔がほぼゼロに近いと思うくらい、ずっーーーーと陣痛でした。

 

AM 1:31出産

もう、時間は覚えてませんが、赤ちゃんの頭が見えてきたところで、分娩台に移動しました。

しかも、歩いて。(めちゃめちゃ痛かった(-_-;)

 

分娩台にのってからは、あっという間だった気がします。

とにかく、看護師さんや先生に言われるまま力を入れて、入れて、入れてまくりました。

すると、ポコンと赤ちゃんの温かい頭が出てきました。

しかし、その先から進まず、精一杯の力を出し切ったつもりでいたが、力が足りていなかったようで、吸引分娩をしてもらい、1:31ようやく、出産となりました。

 

出産後の気持ち

出産後は、「本当に赤ちゃんがお腹にいたんだ」という不思議な感覚と、「あー終わったー」という達成感、「産まれてきてくれてありがとう」っていう感謝で、頭も心もいっぱいになりました。

 

会陰切開もしてもらって、出産後はその部分を縫ってもらっているんですけど、そんな痛みは全く感じませんでした。(麻酔はしてくれてました)

 

まとめ

こんな感じで、私の初産の出産レポを記事にしてみたのですが、いかがだったでしょうか?

出産前って、本当に不安でいっぱいだと思うんです。

とくに、初産だったり、予定日が過ぎていたりすると、「本当に産まれるのかな?大丈夫なのかな?」って、何度も思ったりするんですよね。

 

でも、妊娠も出産も、みんな違うんです。

私も出産して、初めてそのことを実感しました。

あんなに不安に思うことなかったのになって、今になって思います。

だから、同じように不安を抱えている方がいたら、ぜひ気長に赤ちゃんの誕生を待っていても良いんじゃないかなと思います。

 

この記事が少しでも多くの人の役に立てたら、嬉しいです。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。